2010年12月28日

健康診断と人間ドック

健康診断が始まったのは、戦後まもなくの頃だそうです。
つまり、だいたい60年以上の歴史があるということです。

もともとは結核の早期発見が目的で行なわれていたそうです。
当時は結核で亡くなる方が多く、感染も危険だったからでしょう。

その後、疾病構造が変わり、動脈硬化による脳卒中や心臓病が死因の上位を占めるようになってき、健康診断も目的が変わってきました。
成人病の早期発見をする。
病気になる前の状態で見つける。
それらを目的に、身体全てを診る健康診断が人間ドックとして始まりました。

特定の病気を検査するのではなく、健康度を診る。
こうした健康維持や病気予防のための健康診断というのは日本独自のものらしいです。
英語には人間ドックを表す言葉はなく、国際的な学会などではニンゲンドック(NINGEN DOCK)という言葉がそのまま通用するそうです。
posted by タカス at 12:33| 栄養や食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

筋肉の取捨

筋肉をつけたいと思いますか、それとも、つけたくないですか。
これが体脂肪だとすれば、多すぎると病気になる危険が高くなりますので、体脂肪が多すぎると駄目とはっきりしています。
ところが、筋肉となるとそう簡単ではありません。

当然、少なすぎるとマッサージ 大阪や生活に支障が出ます。
例えば、加齢で筋肉量が減少すると転倒して骨折しやすくなります。
でも、筋肉量が多いとしても病気に直接関係するわけではありません。
人それぞれに筋肉をつけたい人もいれば、つけたくない人もいます。
女性ならば、筋肉なんてつけたくないという人も多いですよね。

しかし、誰にとっても筋肉は大切です。
ダイエットで急に筋肉が減少するとリバウンドしやすくなります。
筋力が衰えて姿勢が悪くなるということもあります。
せっかく美容に気をつけ、ダイエットなどもしているのに、美しく見えなかったらガッカリしてしまいます。
ですので、ただ体重を減らすのではなく、適度に筋肉をつけることも考える必要があります。
筋肉は基礎代謝をアップさせてリフレクソロジーのように脂肪燃焼をサポートしてくれますので、ダイエット、メタボリック対策、健康管理の手助けにもなります。
タグ:筋肉
posted by タカス at 12:40| 栄養や食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

内臓脂肪について

男性と女性とでは、ホルモンの関係から脂肪のつき方が違ってきます。
そして、内臓脂肪がつきやすいのは男性の方になります。
内臓脂肪型肥満やそれに近い人は圧倒的に男性が多くなっています。

お腹周りや上半身が太ったビア樽のような体型、いわゆるリンゴ型肥満は男性に多い肥満となっています。

ただし、いくら男性に多いと言っても、加齢とともに内臓脂肪は溜まりやすくなる傾向があるので、女性も安心して良いわけではありません。
特に更年期以上の女性は注意が必要だと思います。

また、以前はスポーツをしていて今はやめてしまったという人やダイエットに失敗してリバウンドした人も、内臓脂肪がつき過ぎている可能性が高くなります。
運動量が減少したのに、それまでと変わらずに食べていると筋肉の間に脂肪が入りやすくなりますし、ダイエットのリバウンドで基礎代謝が下がると脂肪がつきやすくなります。
摂取して余ったエネルギーはどんどん脂肪になり、内臓脂肪がどんどん増加すると言うことです。

また、血圧の気になる方は、内臓脂肪チェックと合わせて血圧計で定期的に健康管理を行った方が良いでしょう。
タグ:内臓脂肪
posted by タカス at 12:48| 栄養や食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

サプリメント事情

サプリメント先進国と言われる米国では、多くの人が日常的に色々なサプリメントを摂取しています。
その背景としては、日本のように国民健康保険制度がないうえ、民間の保険に加入していない人も大勢いるということがあるのかもしれません。
そういったことから、病気になると多くの医療費がかかってしまうので自分の健康は自分で管理し、マッサージ 出張 東京のように病気を予防するという考えが浸透しているのでしょう。

また、アメリカでは、1994年にサプリメントを「ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含む栄養補給のための製品」と定義するダイエタリー・サプリメント健康教育法が制定されました。
それ以降、メーカーからの情報も開示されるようになったので、サプリメントはマッサージ 京都市右京区と同じく健康づくりを担うものとしてハッキリと位置付けされています。

錠剤やカプセルといったカタチや薬局で買えることから、サプリメントを薬として捉えている人もいるかもしれないですけど、サプリメントは医薬品ではなく、食品の一種となります。
栄養補助食品ですね。

余談ですが、栄養補給を目的とするビタミン剤でも、効能効果をうたった医薬品もあります。
滋養強壮をうたう栄養ドリンク剤などは、医薬品もしくは医薬部外品となります。
posted by タカス at 13:24| 栄養や食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。