2010年12月14日

動悸に関して

動悸とは、心臓の拍動を異常に強く感じる症状のことを言います。
そして、心臓の拍動の状態に病的なマッサージ 大阪 中央区変化が起こることで、それを動悸と感じるケースと、心臓の拍動そのものには異常がないのに、神経性でふつうの拍動を強く意識しすぎて、動悸と感じるケースとがあります。
心臓の拍動に異常が起きたとすれば、それは脈拍の異常として出現します。
心臓の拍動が正常であれば、脈拍もまた正常となります。

全身のエネルギーの使用法は、時々刻々変化しています。
それは、身体の各部分部分でも変化します。
それに応じて、心臓はそれに見合う必要分量の血液を打ち出します。
なので、当然、心臓が打ち出す血液の分量は、全身の要求に応じて絶えず変化していますし、身体の中での血液の配分の仕方も様々に出張マッサージ 東京変化しています。それらの調節は、身体の内部での情報伝達と制御との絶妙な相互作用により行われます。
ラベル:病気
posted by タカス at 15:26| 病気の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

自分で感じる症状と病気の重さ

病気と云うのは、何らかの原因で身体の構造に異変がおきて、その働きが正常でなくなってしまっている状態です。
病気の症状は、病気の性質や種類の違いで、それぞれに違います。

一般的には、身体の表面に近い異常は本人に分りやすいことが多く、からだの奥深くの異常は分りにくいものです。
身体の広い範囲の異常は、そのあらわれ方も広範囲で、狭くかぎられた場所の異常は、あらわれ方も、内容、意味などを狭く限る傾向があります。

特に注意しなければいけないのは、自分で感じる症状と病気の重さとは必ずしも同じではないということです。
例えば飲みすぎ食べ過ぎで胃をこわしたときは、吐いたり痛んだりして結構苦しむものですが、病気そのものはシンプルです。
胃がんは非常に悪性の病気ですが、かなり進んでしまうまでは全く自覚症状がありません。

病気を発見したり、治したりする責任は医師にあるのですが、医師のところに行くかどうかを決めるのは自分です。
そのことを正しく決めるためにも、症状についての知識が必要だと思います。
ラベル:病気
posted by タカス at 16:09| 病気の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。